作成時の注意点

のぼり

商品パンフレットを作成する時の注意点

商品を宣伝するために商品パンフレットを作成する企業は多いかと思います。この商品パンフレットを作成する上で、いくつかの注意点があります。まずは商品パンフレットのタイトルを過去に使ったことがあるようなものにしないことです。過去に使ったことがあるタイトルを繰り返し使用してしまうと、その商品パンフレットを見た方もマンネリしてしまいます。そうならないようにするために過去に使ったことがあるタイトルは頻繁に使用しないほうがよいと思われます。

どの商品を宣伝したいのか明確にする

次の注意点はどの商品を宣伝したいのか明確にすることです。商品パンフレットにたくさんの商品が単に並んでいても、商品の何を宣伝したいのかお客様には伝わりません。目玉となる商品を商品パンフレットを作成する前に事前に決めておきましょう。目玉商品を決めたら、その商品のどの部分をウリにしたいのか表現方法も工夫しましょう。特別感を出すことでお客様にも「どの商品を宣伝したいのか」「その商品のどの部分がウリなのか」ということが伝わります。

のぼり製作の流れ

のぼり旗のサイズを選ぶ

のぼり旗の製作を業者へ依頼する流れを説明します。まずホームページでのぼり旗のサイズを選びましょう。事前にどれだけのサイズののぼり旗が必要なのか確認しておきましょう。

デザイン作成用の専用テンプレートをダウンロード

サイズを選び終えましたら、次にデザイン作成用の専用テンプレートをホームページからダウンロードしましょう。なお業者が指定した入稿する際のデータのファイル形式はきちんと確認しておきましょう。

デザインを作成する

専用テンプレートをダウンロードしましたら、いよいよデザインの作成です。テンプレートに収まるようにデザインを作成する必要があります。このデザインが企業のイメージアップに繋がるといっても過言ではありません。

注文

デザインの作成が完了しましたら、ホームページにデータを入稿して、数量や依頼者の氏名など必要事項を記入して注文します。注文内容に従って業者側でのぼり旗を製作し、商品が発送されます。

製作依頼の費用が安価な看板ランキング

no.1

木の看板

看板製作を依頼するうえで、最も費用がかからない看板は木の看板です。製作依頼にかかる費用の相場は大体6000円前後となります。温かみのあるイメージな看板に仕上がりますので、飲食店などでよく使用されています。

no.2

立て看板

第2位は立て看板です。費用の相場は大体12000円前後となります。立て看板は駐車場などの屋外で使用されている看板です。歩行者や車を運転する人の目に止まりやすいような場所に設定されています。

no.3

アルミ看板

第3位はアルミ看板です。費用の相場は大体15000円前後です。アルミ看板はさびにくいため、会社名が入った看板を設置するためにアルミ看板が使用されていることが多いです。

no.4

スタンド看板

第4位はスタンド看板です。費用の相場は20000円前後です。スタンド看板はお店の外に設置されていることが多くあります。キャスターが付いているため看板の移動も容易に出来るのが特徴です。

no.5

電飾看板

第5位は電飾看板です。費用の相場は35000円前後かかります。電飾看板は夜の時間帯も営業している店舗で使用されていることが多いです。ライトを使用していますので、夜の時間帯も通行人や車を運転している人の目に止まりやすいのが特徴です。

企業のイメージアップへの近道

紙袋

作成のメリットとポイント

会社イメージをアップしたいというのはどの企業も考えていることだと思います。そのような企業のためにオリジナル紙袋を作成することをおすすめしています。この記事を読むことで企業のイメージにピッタリなオリジナル紙袋が作成できると思います。

READ MORE
横断幕

依頼前に確認すべきこと

横断幕の作成を業者へ依頼する企業が増えつつあります。横断幕の作成を依頼する前にどのようなことを確認すべきなのか、そのポイントを記載しています。横断幕作成で失敗しないためにも必見な記事となっております。

READ MORE
広告募集中